音楽と瞑想:音と静寂

音楽は スープリームのハートの扉を開ける鍵を持っている またその鍵そのものでもある。 音楽…普遍の言語 音楽は神の内なる普遍の言語だ。私はフランス語も、ドイツ語も、イタリア語も話すことは出来ないが、これらの国の音楽が流れたら、すぐにその音楽の心が私の心に入ってくる。あるいは逆に私の心がその音楽に入って行く。この時、言葉でのコミュニケーションは必要なく、心と心の内なる合体で充分なのだ。私の心は音楽の心と一緒になって行き、その中で二つは分かち難く一つになる。 瞑想と音楽を分けて考えることは出来るものじゃない。瞑想の真髄は、心の奥底から〈平安・光明・至福〉を求めて泣き叫ぶとことにある。そしてこの瞑想の次に来るのが音楽、〈魂をこめた音楽〉なのだ。このような音楽は、遥かな高みへ行こうとするわれわれの意識を突き動かし、上昇させる。 あなたがたにとって瞑想を二十四時間するのは不可能だ。出来たとしても、二時間がいいところだろう。だから他の時間には音楽を演奏したり、聞いたりすればいい。魂からの精神的<スピリチュアルミュージック>な音楽を演奏したり聞いたりすれば、瞬く間に、より高い意識の領域に上がって行くことが出来る。魂から音楽を演奏すると、高く、より高く、何よりも高いところまで行くことが出来るのだ。 魂からの音楽を聴くたびに、インスピレーションと歓びが湧き起こってくる。その音楽は瞬く間にあなたの意識を高揚させる。しかし、さらに祈り、瞑想すれば、意識してスピリチュアルライフをしていない音楽愛好家より、もっと光明を受け、間違いなく満たされる。 スピリチュアルな音楽家と云うのはどの人も、意識的に神の光明を地球に振りまいている。神は宇宙の〈演奏家〉であり、われわれは神の楽器なのだ。しかし、やがてわれわれの進化の過程で、神と完全に一つになったと感じる時が訪れる。その時われわれはもう楽器ではなく、われわれ自身が音楽家、神聖な音楽家になる。 ふさわしい楽器を作り出すのはスープリームであり、演奏家がきちんと演奏出来るように奮い立たせて下さるのもスープリームなのだ。音楽をマインドで理解するのはやめること。また、ハートで感じようとすることさえする必要はない。ただ自然に、〈ハートの空〉を音楽と云う鳥に飛んでもらうことだ。鳥が飛翔する時、音楽が持つものと音楽そのものを無条件に顕す。音楽と云う鳥が持つものとは〈不滅〉のメッセージであり、音楽そのものとは〈永遠〉の調べなのだ。 音楽と瞑想Q&A Q: 音楽の種類によっては、心が乱されたり、自分のスピリチュアルな状態を変えられてしまたりするものもありますか? A: その通り、音楽には、内なる存在にとって本当に破壊的なものもある。このような音楽は、肉体か、低いバイタルから来ているのだ。神聖でない音楽は、低いバイタルの意識を目覚めさせ、興奮の世界へわれわれを投げ込んでしまう。スピリチュアルな人は、このような音楽に直ちに影響されてしまう。 音楽にはとてつもない力がある。「火」は火傷を引き起こすこともあれば、料理など他のいろいろ良いことにも使うことも出来る。音楽も同じで、神聖な音楽はすぐに意識を高めてくれが、神聖でないものはすぐに意識を落とし、より良いスピリチュアルな人生を送りたい、と云う誠実な内的叫びを台無しにしてしまう。バイタルの音楽はあなたの意識を落としてしまうのだ。ほんの数秒、あるいは数時間の間は、ある種の快感を得ることが出来る。しかし、この快感によって、あなたは誘惑が待ちかまえている低いバイタルの意識に連れて行かれてしまうことになる。誘惑の世界に続くのはフラストレーションの世界であり、そしてその次にあるのは破壊の世界なのだ。ご存じの通り、バイタルの音楽が世界中でとても流行っている。〈精神的な音楽〉はあ まり広く親しまれているとは言えず、〈魂の音楽〉にいたっては、好む人はほとんどいない。一般の人にとって〈魂の音楽〉は、まるで自分の意識の中に入り込ん出来た見知らぬ人のように感じてしまう。だが実はこれは、スピリチュアルな音楽があなたの中の〈魂〉と云う永遠の住人を目覚めさせていると云うことなのだよ。魂は内側奥深くで、表へとに出てくるのを待っているのだ。… »

マントラとジャパの練習

~ シュリ・チンモイ 著書「瞑想-人間の完成と神の満足」より すべてを浄化する もし自分の性質全体を浄化したいのなら、段階を踏み、計画的にジャパを行うことが効果的だ。第一日目には〈オーム〉か〈スープリーム〉か、またはあなたの先生<マスター>がくれたマントラを、ともかく五百回繰り返すこと。二日目は六百回、そして三日目は七百回と云うように、一日百回ずつ増やしていき、一週間後には千二百回に達するまで行う。次に、千二百回まできたら、今度は一日百回ずつ減らしながら、五百回に戻るまで続けてみるといい。こうしてあなたは木に登り、そしてまた下りてくることが出来るのだ。 この練習<エクササイズ>を毎週続け、全部<トータル>で一ヶ月はやるように。 すると終った暁には、好むと好まざるとにかかわらず、世の中はあなたに〈純粋〉と云う新しい名前を授けてくれることになる。 ジャパを行っている間、回数<カウント>をまちがえてしまってもかまわない。「ほぼこのぐらいかな?」と思うところから続けるといい。数を数えるのは、あなたの意識をカウントに繋いでおくためだ。数を数えている間あなたの頭<マインド>は、他の人や他の事を考えないだろう? 次に数えながら、同時にマントラの奥深くにある静寂の世界に入って行くようにしてみるといい。一度入ってしまえば、もう数える必要はない。そこでは「自分が繰り返しているものに意識を集中し、自分がマントラの内的な意味だけに瞑想している。」と感じ始めるようになる。 マントラは常に、声に出して唱えるのが一番いい。しかし数分後に、もし内側に誰か、 ―それはあなたの内的存在― がいるのを感じて、そしてその存在が自分の代わりにマントラを繰り返してくれているのが分ったら、もうその時は声に出して唱え続ける必要はない。ハートの静寂の中で、あなたの内的存在<インナービーイング>があなたの代わりにジャパを行い続けててくれるからだ。 ジャパは朝か日中に行うべきで、床に就く前にはしないほうがいい。一日の仕事で体が疲れて、これから眠りの世界に入りたがっている時にジャパを行ったら、マインドはイライラして、一点に集中することが出来なくなってしまう。また、ただマインドを機械的に動かしているだけになってしまい、そこから何も得るものはない。またジャパは誠実に、魂から行われなければ意味がない。だから寝る前であれば百回か二百回か、せいぜい三百回にとどめておくべきだ。寝る前に瞑想すると、〈平安・光明・至福〉を呼び起こすことが出来る。しかし、もし、ジャパを五百回から千二百回行うと、力強さとエネルギーを画喚起することになってしまい、その結果あなたは眠れなくなってしまう。 ジャパを終えた後で、ハートの中でそのマントラがまだ繰り返され続けていることに気づくことが往々にしてある。これは自らが唱えていないのだが、内なる存在が自然にマントラを唱え始めた結果にほかならない。 Q: 〈Aum〉を一日五百回繰り返すことによって自分の純粋さを増やしていける、とおっしゃっていました。でも私にとって〈Aum〉を一日に五百回も唱えるのはとても難しいことなのですが。どうしたら良いか、アドバイスをいただけますか? A: 一気に唱えるのが難しいのなら、何回かに分けて唱えるといい。十回に分けて、五十回ずつ唱える、と云うのでもかまわない。例えば、一日に水をコップ十杯飲むとして、一気に十杯全部を飲むことは出来ないだろう? だから今一杯飲んで、一~二時間たったらもう一杯飲めばいい。こうすれば水を十杯飲むのは実に簡単だ。 〈Aum〉を五百回一気に唱えるのではなく、朝早くに五十回唱え、一時間後にまた五十回唱える。このように毎回五十回ずつ唱えれば、一回につきかかる時間は、一~二分程度にしかすぎない。一時間のうちたった二分間を神に捧げるのは簡単なことだろう? だからこのやり方でやってみるといい。… »

マントラの力

~ シュリ・チンモイ 著書「瞑想-人間の完成と神の満足」より 唱える:マントラとジャパ マントラとは繰り返し唱えるための神聖な言葉だ。一音節のときもあれば、一語、数語、あるいは一文のときもある。そしてマントラを何度も繰り返して唱えることをジャパと云う。マントラは神の一側面を現したもので、一つ一つに特別な意味があり、内的な力を持っている。 マインドが落ち着かず自分なりの深い瞑想に入っていけないそんな時は、マントラを使ってみる良いチャンスだ。 〈スープリーム〉、〈オーム〉、〈神様〉などと云うマントラを何分間か唱えてみてごらん。また、感情的なバイタルの領域が攻撃を受けて、悪い考えや悪いエネルギーの振動が入ってきてしまっている時も、〈オーム〉や「スープリーム〉等のマントラを唱えるのは効果的だ。その場合はなるべく早いスピードで唱えること! 既にマインドにある不純なものを浄化したいのなら、動き出した電車に追いつこうとして走っているかのように、急いで唱えなくてはならない。 しかし普段のジャパの場合は、普通のスピードで魂からマントラを唱えるようにすること。また、その際あまり音を伸ばし過ぎてはいけない。あまり長く伸ばすと、少なくとも五百回あるいは六百回と唱える必要があるのに、その時間が足りなくなってしまうからだ。 内なる音 瞑想中に、自分では声に出して唱えてはいない。また供に部屋にいる誰も口に出して唱えていないにもかかわらず、〈オーム〉と云う音が聞こえる時がある。これは内的に誰かが〈オーム〉と唱えたか、今唱えているところだと云うことなのだ。そして瞑想の部屋がその音を失わずにとっておいてくれたからなのだ。 マントラは、運転中や道を歩いている時、あるいは地下鉄やバス停等の公共の場所にいる時でも出来る。道を歩きながら心の中で唱えるのは現実逃避ではなく、アスピレーションのない世間から自分を守ろうとしているだけなのだ。それは、内的な強さと内的な受容力を増やしてくれる。やがて内的に強くなれば、もうマントラは必要じゃない。どこへ行っても、気持ちを乱されることはない。 スピリチュアルな鍛錬にはどのやり方にも、必然の分かち難い翼がニつあるそれは、徹底した忍耐強さと固い決心公共の場所でも高い意識を保とうとしたり、心の奥深くに潜って平安を前面に持ってくるのは難しいかも知れない。しかし、たとえ外的世界の騒音やせわしさに囲まれていたとしても、それよりさらに大きな音を簡単に前面に持ってくることが出来る。このさらに大きな音と云うのは、破壊的なものではなく、揺るぎないパワーを持つ音なのだ。それはあなたが、どれだけ素晴らしく神聖になる可能性をもっているかを感じさせてくれる。もしハートから来る、神聖な内なる音を前面に持ってくることが出来れば、またはその内なる音に自分が入っていくことが出来れば、世の中の外的な音など比べ物にならないと云うことが分かるだろう? ついさっきまで気になっていた音が、もう気にならないことに驚くはずだ。それどころか、騒音ではなく自分の内的存在が奏でる聖なる音楽を聴ける、と云う一種の達成感を感じることも出来るのだ。 〈オーム〉の真髄 〈オーム〉は一つの音であり、分割することが出来ない。これは〈スープリーム〉の振動であり、また〈オーム〉は宇宙の音の種である。この音により、神はその創造物の最 初の振動を創り出した。 マントラの中で最も力に満ち溢れたものが〈オーム〉なのだ。〈オーム〉はすべてのマントラの母だ。… »