~ シュリ・チンモイ 著書「瞑想-人間の完成と神の満足」より


kyudo publicdomain

弓道の練習をします

矢と弓

集中は矢で瞑想は弓

集中とは、何かテーマや物体にエネルギー全てを向け、その神秘のベールを剥がそうとすること。

瞑想は、限界ある意識からより高い意識へ行くこと。そこには静寂の広大さが君臨する。

集中はめがけていくその知識をとらえたい。瞑想は追求するその知識と一つになりたい。

集中は心の乱れを許さない、心の乱れとは集中の部隊本部に入って盗人だからだ。

だが瞑想はその盗人を中へと招き入れる。

何故?

もちろん現行犯で逮捕するためだ。

集中は散りじりにおなってしまった意識を我に返るよう促す司令官。

集中と絶対に強固な意志

この二つは分かちがたいだけでなく、お互いを必要とする神聖な戦士。

集中は敵に決闘の挑戦をし、戦う。瞑想は、その静かな微笑みで敵の攻撃の威力を小さくする。

集中は神に云う。

「父よ、あなたのところへ参ります。」

瞑想はこう云う。

「父よ、どうぞここへいらして下さい。」

道<アスピラント>を求める者には真摯な教師が二人いる:集中と瞑想だ。集中はいつも生徒に厳しい。

瞑想は時に厳しい。でもとにかく、二人とも生徒の前進に心から関心を抱いている。

 ~ シュリ・チンモイ 著書「瞑想-人間の完成と神の満足」より

Related Articles