~ シュリ・チンモイ 著書「瞑想-人間の完成と神の満足」より


スピリチュアル・マスターが教え子のためにする最も大切なことは、
教え子が自分の奥深くに、
何か広大で無限なものを常に意識出来るようにしてあげること
そしてこの広大で無限な存在とは神に他ならない

 

Play video

グルとは?

グルというのはサンスクリット語のことばで、「光をあてる者」という意味だ。〈光明〉を与える人をグルと呼ぶ。私自身の内的な悟りから言えることは、真のグルは一人しか存在しない、それは〈スープリーム〉なのだ。人間に真のグルはいない。しかし、確かに〈スープリーム〉だけが真のグルとはいえ、ここ地球では時間は貴重なものだ。〈光明〉への旅路を助けてくれる人がいるなら、その人を自分のグルと呼んでもよい。霊性の師<スピリチュアル マスター>、つまりグルというのは家族に喩えると年長の子供のようなもので、そして求道者<シーカー>というのは弟や妹たちのようなものだ。スピリチュアル・マスターは、弟や妹たちに〈父親〉つまり〈絶対なるグル〉がどこにいるのか教え、示してくれる。

真の〈グル〉は広大な青い空のどこかにいるのではなく、われわれのハートの一番奥にいるのだ。こう云うとあなたは、「もしわれわれのハートの中にいるのなら、〈スープリーム〉を見つけ出すのに何故他の人の助けが必要なの?」と思うことだろうね。この計り知れないほど貴重な宝物は確かにわれわれのハートの中に存在するのだが、普通の能力では、見ることも感じることも出来ないのだ。だから助けが必要なのだよ。グル、つまり霊性の師は、またわれわれの友人であり、自分自身の宝物をどうやって見つけたらいいのか、教えてくれるのだ。

boy今生きているグルを絶対に持つ必要はないが、やはり生きたグルを強く薦める。あなたにはゴールがあるのがわかっていて、そのゴールにたどり着きたいと思っている。もしあなたが賢明なら、一最も容易く、安全に、そして効果的にゴールにたどり着くための道を示してくれる人の助けを受け入れるはずだ。神を悟るのに何百年も何千年もかけたいのならば、スピリチュアル・マスターを持つ必要はない。しかし、もしなるべく早くゴールにたどり着きたいのなら、先生は絶対に必要だよ。

マスターは、あなたの内的成長をうながしてくれる。スピリチュアル・マスターというのは、スピリチュアル・ライフにおけるあなたの家庭教師なのだ。家庭教師<チューター>の先生<ティーチャー>とは大きく違う。普通の先生は生徒の答案を見て、点数をつける。生徒に試験をさせて、通すか落とすかを決める。ところが家庭教師は、生徒がテストに合格出来るように個人的に励まし、鼓舞してくれるのだ。人生の旅路では、毎秒毎秒、〈無明〉からの試験がやってくる。しかしあなたの家庭教師は、どうやれば簡単にその試験に通ることが出来るのか教えてくれる。なるべく早く〈至高なるもの〉を悟れるようにシーカーを鼓舞し、アスピレーションを高めるのがスピリチュアル・マスターの仕事なのだ。

この世では、何を習うにも最初は先生が必要になる。数学を勉強するにも、歴史を学ぶにも先生が必要だ。人生の他の事なら何でも、学ぶためには先生が必要なのに、瞑想に関してだけは違うというのは理屈に合わない。自宅で自習出来るのにみんな大学に行くのは何故だろう? それは、ある分野について専門知識を持ったプロから教えてもらえるからなのだ。ほとんの真の知識人と呼べるは皆大学へ行っている。もちろん例外もある。どんなルールにも必ず例外というのはあるものだ。

神は誰の中にも存在する。だから、もしあなたが人の助けは必要ないと感じるなら、自分の力だけで試してみるといい。ただし、もしあなたが賢明で、つまずいたり、ただ歩くのではなく、ゴールに向かって走りたいと思うならば、グルの助けというのは計り知れないものがある。現在、おそらく私は今、ロンドンに居る。海の向うにニューヨークがあることは分っている。ニューヨークに戻らなければならないとしたら、そのためには何が必要だろう?飛行機とパイロットだ。飛行機が私をニューヨークに運んでくれるという事実をわかっているのに、パイロットなしではそこへはたどり着けないだろう?同じように、あなたは神が存在するということは知っている。瞑想を通じて神にたどり着きたいのだが、誰かがそこまで連れて行ってくれないと行くことは不可能だ。パイロットがニューヨークまで私を連れて行ってくれるように、誰かがあなたを、あなたの奥深くにある神の意識へ連れて行ってくれるのだ。瞑想を通して自分自身の神聖さにどうやって入っていったらいいのか、誰かに教えてもらわないといけないのだよ。スピリチュアル・マスターはあなたのもとへ船でやって来るとこう言うだろう。

altardemeditacaosrichinmoy

「さあ来るがいい!〈黄金の岸辺〉<ゴールデン ショアー>に行きたいのなら、この船で連れて行ってあげよう。それだけじゃない、私の船なら、歌っても踊ってもいい。眠っていたっていいのだよ。それでもあなたをその〈岸辺〉まで安全に運んであげから。」

もしあなたが誰の助けも欲しくないというなら、無明の海を1人で泳ぎ切りたいというなら、それはあなた自身で決めるがいい。ただし、それは何年、何人生かかることか分らないし、その上しばらく泳いだら、疲れ切って溺れてしまうかも知れない。グルなしでは、あなたの前進はとても遅く、また不確実になってしまう。遥かな高みへと昇って行くような内的体験をしても、それをそれほど重要なものとは思わないまま、忘れてしまうかも知れない。または疑いがあなたのマインドの中に入ってきて、「私はただの普通の人間なのに、あんな経験をするってことがあるのだろうか? 自分をだましているだけかもしれない。」と思うかも知れない。または友人に自分の経験を話すと、「そんなの全部幻覚だよ!」と言われてしまうかも知れない。しかし内的現実とは何であるかわかっている人がいれば、あなたの内的経験はまさに本当だったと確信させてくれる。師<マスター>は求道者<シーカー>を励まし、インスピレーションを与えてくれる。

そして、もしシーカーが瞑想で何か間違ったことをしていたら、矯正してくれるのだよ。コースを取り終えたら、先生はもう必要ない。歌を学びたかったら、プロの歌手のところに行って歌を学ぶだろう。踊りを習いたかったら、プロの舞踊家のところに行く。上手な歌い手、または踊り手になったら、もう先生のところに行く必要はない。
それはスピリチュアル・ライフでも同じことだよ。最初は助けが必要だが、一度本当の上級者になれば、もう誰の助けも必要ない。もしその人がマスターの真の弟子になったら、自分とマスターが二つの別々の存在だとは感じなくなる。グルは木のてっぺんにいて、自分は木の根元にいるのだ、などとは思わない。そうではなく、その弟子は、グルは自分自身の一番高い部分なのだと感じる。自分とグルは一つで、グルというのは自分自身の最も高く、最も発達した部分なのだと感じるのだよ。だから、真の弟子は自分の最も低い部分を自分の最も高い部分に委ねることに、何の抵抗も困難も感じることはない。献身的な弟子になることは、プライドにかかわることではないのだ。最も低い部分も、最も高い部分も、どちらも自分自身のものだとわかっているからなのだ。

あなたにインスピレーションを授ける人
それが本物の先生だ
あなたを愛してくれる人
それが本物の先生だ
あなたの背中を押してくれる人
それが本物の先生だ
あなたを完成させてくれる人
それが本物の先生だ
あなたを宝物のように扱ってくれる人
それが本物の先生だ

~ シュリ・チンモイ 著書「瞑想-人間の完成と神の満足」より